国産車の残価設定ローン

ドイツ車の残価設定ローン

イタリアの残価設定ローン

フランス車の残価設定ローン

イギリス車の残価設定ローン

アメリカ車の残価設定ローン

スウェーデン車の残価設定ローン

韓国車の残価設定ローン



残価設定ローンのこと全て教えます

車の購入を検討している人に今注目されているのが「残価設定ローン」という新しい自動車購入のための自動車ローンです。車の購入価格の残価 (3~5年後の下取り価格)を決めて、その残価以外の部分をローンで支払っていく、というのが新しい自動車ローン「残価設定ローン」の仕組みになります。

残価設定ローンとは???

仮に400万円の新車(だいぶ高級車ですが)を残価設定ローンで購入しようとします。新車の残価設定価格(数年後の下取り価格)はおよそ半額の200万円。ということは、残価が200万円なので、残りの金額200万円に対してローンを組み、規定の年数以内に返済すればいいということになります。

極端に考えれば(だいぶ乱暴ではありますが)市場で400万円の新車が半額の200万円を払うだけで買えてしまうということになります。かなり便利なサービスではないですか??

ただここまでユーザーにメリットがあると、ちょっと怖い。。。実際にはどんなからくりがあるのだろうと、普通の人なら疑問に思いますよね。

残価設定ローンの真実?!

ここからは残価設定ローンが通常の自動車ローンやカーリースとどう違うのか、残価設定ローンのメリットやデメリットはどうなっているのかなど、残価設定ローンの本当の意味を、少し掘り下げていきながらお話していきますね。

残価設定ローンとカーリースとの違い

残価設定ローンは一見すると、車を一定期間借りて使用する「カーリース」と似ているように思います。ですがカーリースの場合は、車両そのものにかかる税金や保険料、タイヤ等の消耗品をはじめ、車検、定期点検代などの諸経費が月々の支払いに組み込まれているため、毎月の支払額は残価設定ローンに比べ多くなる傾向にあります。

支払う金額だけで考えれば、圧倒的に残価設定ローンのほうが負担額は低くなりますが、残価設定ローンは自動車購入のためのローンですので、車を借りているわけではありません。ですから、こういった諸経費も自分で負担しないといけませんし、その他の手続きも自分で、ということになります。カーリースよりも余計な手間がかかるのも否めません。

残価設定ローンのメリット

残価設定ローンとカーリースとの違いをわかっていただいたところで、次に、残価設定ローンのメリットを解説していきたいと思います。

メリット1 支払い額が圧倒的に少ない!

残価として設定された金額の残りの金額にてローンを組むため(通常の半分の価格)、毎月の支払額が通常のローンよりも少なくなります。通常の自動車ローンを組むよりも支払額が少なくなるため、予算によってはワンランクもツーランクも、あやうくばもっと上のクラスの車に乗ることが可能になってしまいます。

メリット2 次も新車に乗れる!

ローンの最終回に(主に3~5年後)同じディーラーで新車に買い替えるのであれば、残価の支払いがなく、次回も新車に乗ることができます。この場合、同じブランドに限るお話にはなります。

メリット3 差額が返金されることも!

残価設定ローンその時の市場査定額が残価を上回れば、差額が返金されることもあります。だからこそ人気車種を狙って買うべきなのです!

残価設定ローンのデメリット

残価設定ローンのメリットを見てもらったところで、次に残価設定ローンのデメリットについて確認していきましょう。残価設定ローンの悪い部分も把握されているといいかと思います。

デメリット1 車好きは厳しいか…

残価設定ローンの支払い完了後、車購入時の状態で返却しないといけません。カスタムやドレスアップが好きで車をいじりたい方はやはり向いているとはいえないですね。仮にカスタムした場合は、車購入時の状態に戻さないといけません。

デメリット2 余計に出費することも…

あらかじめ設定された点数をオーバーすると予定していた残価では引き取ってもらえなくなることもあります。(残価保証の場合は残価の変動はないので安心です)この点数というのは、事故・修復歴、走行距離などからつけられます。

デメリット3 不人気になると最悪…

購入当時は人気だった車も、数年後には不人気になっていることも考えられます。こういった際は、購入当時に予定されていた金額での買取ができない場合もあります。(こちらも残価保証であれば問題ないですが、車種選びも本当に重要です)

デメリット4 買取はNG

最初から買取目的で残価設定ローンを組むと、金利負担が大きくなり、通常ローンより支払い総額が多くなることがほとんです。買取目的であれば残価設定ローンをお勧めできません。現金一括か通常の自動車ローンでの購入をオススメします。

基本的には自分の車のようで自分のではありませんので、所有感が欲しい方にもこのローンは向いているとはいえません。

最近では残価保証といった新しいサービスもでてきていますので、残価設定ローンのメリットを感じる方であれば利用してもいいかもわかりません。

残価設定ローンについてのまとめ

ちなみに残価設定ローンのお支払い最終回については、残価を完済した段階で同じブランドの新車に乗り換えるか、残価分を支払って車を買い取ることもできます。

ちなみに、残価次第では支払いが必要な場合がありますが、車を不要にする場合は残価の支払いは不要の場合が多いです。



PR





ページのトップへ戻る